ドッグカフェを営みながら、放棄犬の一時預かりボランティアや個人での保護活動の日記、看板犬やお客様わんこちゃんとのふれあい日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
泣きっ面に蜂?!
2012年08月10日 (金) | 編集 |



こんばんわ 
BONEママです。

お盆が始まりますね~!
皆様いかがお過ごしでしょうか?

私は仕事が年で1番か2番という程忙しく、早出残業でお疲れ気味です。

先日のお見合いの日、里親様がお帰りになった後用事があって出掛けて夕方帰って来たら・・・!!!
ハリーの片目の瞳孔がほとんどなくなっていました。

ハリーは褐色の瞳なので、瞳孔が無くなるととても怖い顔になっていて、まるでゾンビ犬。

目の周りを何かして、視神経が傷ついたのかな?とか眼球を傷つけたのかな?とか何か農薬とかのアレルギー反応かなとか?

心配して見ていたら、食事を食べた後見る見る顔がボコボコになって来ました。
特に鼻面の周りや唇がはれ上がって来ました。
目の周りが膨れて来たのを見て、アナフェラキシー反応かも!
と思いあたり、ドックランで蜂に刺されたのではないかとやっと気づきました。

急いで獣医さんに症状をお伝えすると、やはり蜂ではないかとの事でそのまま獣医さんに直行!
注射をして頂き、お薬を頂きました。

注射をして一時間くらいで収まって来るとの事で、腫れはだんだんと引きました。
瞳孔も翌日には大体元に戻り、今ではすっかり元どうりになりました。

そしてハリーが病院に行った翌日、今度はニックの瞳孔が小さくなっていると、里親様からご連絡がありニックも病院へ。

先生が言うにはスズメバチではなく地蜂ではないか?との事でしたが、ビックリしました。
2頭とも今では元気ですが、ハリーはニックより症状が酷かったのか、心配だったので寝室に連れて行って様子を見ながら一緒に寝ていたら、2回程明け方に吐いてしまいました。
ニックも少し吐いてしまったそうです

心配しましたが、今では元気です!

いつも行っているドックランで3時間程遊ばせたので、その時ニックとハリーで一緒に刺されてしまったのかもしれません。

皆さんの愛犬もどうぞお気をつけ下さいませ。

ハリーは泣いていた訳ではないので泣きっ面に蜂事件ではないのですが、顔面蜂に刺されてボコボコ事件でした。

トライアルに入ったばかりでいきなり病院通いになったニック君、里親希望者様に申し訳ない気持ちでいっぱいです

すぐに病院に連れて行って下さってありがとうございました

しかし電気を点けた時に犬の瞳孔が無くなっていると、あんなにも怖い顔でビックリするものなのかと思ってしまったBONEママなのでした。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。