ドッグカフェを営みながら、放棄犬の一時預かりボランティアや個人での保護活動の日記、看板犬やお客様わんこちゃんとのふれあい日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子犬紹介です!
2012年03月17日 (土) | 編集 |





こんばんわ 
BONEママです。


今日の那須は雨です。
雪でなく雨が降る季節になって来たのですね!

さてニック君骨折事件で、他の子犬の紹介がなかなか出来ていなったので、子犬達を紹介したいと思います。

1番大きなニック君(ベーシュグレーに良く見ると少しベージュのタン入り、短毛 男の子)はご存知の様に後ろ足を骨折しまして、現在治療中ですので一旦里親様募集は延期中です。
もしもニック君ご希望の方がいらっしゃいましたら、譲渡は5月のプレート除去手術の後にはなりますが、ご予約は受け付けますので、ご連絡をお願い致します。

性格はパワフルで人が大好き、どちらかと言うとアルファー気質です。
しかし人に対して反抗的に出る事は全く無く治療など痛みが伴った際にも口を出したりしません。
大変甘えんぼさんなので追い鳴きなどします。
大型犬にしつけの出来る方に向いていると思います。
ニックは覚えも良いので、しつければ早く覚えると思います。
車もすぐに大丈夫になりましたし、度胸も座っていますのであまり物事に動じません。
ただキチ
ンとしつけてあげないと、めげないし自信もある子なので、人を見てなめられちゃうかもしれませんね。
また手足の動かし方がちょっと乱暴なので、悪気無く蹴られたり引っかかれたりします。
ニックは赤ちゃんの時から1番大きく1番小さいハリーの倍程も体重があったので、ミルクは1番最後でした。
1番小さいハリーが育つか心配だったので、どうしても1番最初に暖かいミルクをお腹いっぱい飲ませてしまい、ニックは何度目かに作ったちょっと冷めかけのミルクを最後に凄い吸引力で飲み干してくれる子でした。
子犬は結構ミルクの温度が気になるので、熱めが好きな子は少し冷めると飲まないと口から出してしまったりするので真冬の子犬育てはミルクがすぐに冷めて大変でした。
その点ニックは細かい事を気にしないので他の子の残りをグイグイ飲んでくれて助かりました。

ランス君(濃いグレーにはっきりしたベージュのタン柄 短毛 男の子)
やんちゃ君でイタズラもします。
人も大好きなのですが、何度注意しても嬉しくて体ごと飛び付いて来ますので、毎日注意しています。
おやつの時のお座りも他の子に比較すると出来ません。
嬉しくて飛び跳ねてしまい、他の子が座っているのを見てやっと座るのですがすぐにお尻が浮いてしまう感じです。
しかし怒られても気にしないニックと違い、注意すると耳を倒して首をすくめ従順なしぐさをします。
人に対して反抗的な態度などは全くありません。
ハイパーで元気なのですが、ニックよりはシャイで初めての場所や初めての事には尻尾を下げて振りながら、少しおどおどします。
大きくなったら警戒心が出てきそうですね。
生後3ヶ月にもならないと言うのに、私が夜中に部屋から出て来たりすると、生意気に警戒咆哮をしたりします。
私だと分かると、耳を下げて尻尾を振って急いで走って来ます。
ニックと2頭揃うと遊び方が激しいので、大騒ぎです。

小さい頃は1番最初に周りを見る様になって、みんながまだモゾモゾ這い回っている時に、1人で座ってトロ舟のふちにアゴを置いては人の動きを見ている様な子でした。


タクト君(ブラックタン 短毛 男の子)
生真面目で男の子らしい子です。
おやつの時など、胸を張って一生懸命に座って待ちます。
受け取る時の口も優しいです。(ニックやランスは少々乱暴なので・・・)
他の兄弟とガウガウして遊ぶ時は、尻尾を立てて頑張ります。
猫と遊ぶ時は、近寄り過ぎるとたたかれる
時があるので、軽快に周りを飛び回りながら吠えたりします。
ガブリエルなどは全く犬が怖くないので、遊んでいるうちに上からギューギュー乗られて「ギョエー!!!」と言う変な声を出す時があり、見るとだいたいタクトが押さえ込んでプロレスみたいになっていたりします。
もちろん私に怒られるので、慌てて手を離して、何もしていなかった様な顔をします。
猫にはしつこくし過ぎるので、猫ちゃんが居ないご家庭の方が良いかもしれませんね。

けれども人に対しては腰が低く、名前を呼ぶと来たいのですがもモジモジして前足でこっちこっちと呼びながら、自分は寝そべってお腹を出してしまったりします。
抱っこするとなぜか?これ以上無理と言うほどのけぞったままペッタリと寄り掛かり、そのまま寝てしまいます。

タクトはまだミルクを飲んでいた赤ちゃんの時、哺乳瓶が嫌いでした。
口に入れると、ベッ!!!と吐き出し、いらないと不満の声を出して困りました。
まるで「こんな女子供の飲み物飲めるけぇ!!!」と言っている様な感じで、スプーンで離乳食を口に入れてもらうのも嫌でした。
他の子がもっともっととスプーンに寄って来るのに、「僕は自分でお皿から食べるんで!」と言う
感じでした。
人が好きじゃないのかな?と思ったら、人は大好きで気が付くと私の足の上にアゴを乗せて嬉しそうに寝ていたりします。
ちょっと男気溢れる男の子なのかも知れませんね。
とても可愛い子です。

基本的に短毛の子達の方が活発です。
おそらく大人になると、持って来いなどに燃える運動好きの犬になると思います。
バネもありそうなので、走る姿もきっとカッコ良くなるのではないかと思います。


今回は短毛の子達を紹介しました。
次回はちょっと毛が長めのタイプの子をご紹介しますね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。