ドッグカフェを営みながら、放棄犬の一時預かりボランティアや個人での保護活動の日記、看板犬やお客様わんこちゃんとのふれあい日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小型犬探し
2011年05月24日 (火) | 編集 |





こんばんはBONEママです('-'*)

ブログに登場するのはずいぶん久しぶりになってしまってスミマセン

女友達の様に信頼していたエルザに旅立たれてしまい、あまりにもガックリしてしまって、なかなかエルザの事を文章に出来ませんでした。

もう少し時間が経って落ち着いたら頑張ったエルザの事をブログにも書けたらと思います。

また泣けて来たので、話しをかえちゃいます

今日は一匹の廃用犬のお話です。

以前ホテルに泊まって頂いたワンちゃんのママさんから、先週突然お電話があり19才だったダックス君が亡くなったそうです

もしウチに小型犬の保護犬がいたなら引き取りたいとご連絡下さったのです。

愛犬を失って散歩にも行けないと淋しい思いをされていました。

その子は一年前位に、獣医さんから高齢過ぎて普通のホテルで預かってもらえず飼い主さんが困っているので、お願い出来ないかと相談があり、何かあったら掛かり付けのその獣医さんに駆け込むと言う事で、私達もドキドキしながら預かった子でした。

悪い予感はあたる物で、お預かり数日後の夜中の2時頃に、微かに2階から床を爪で掻くような音が聞こえた気がして見に行ってもらうと、夕飯もご機嫌で食べて広いスペースにフリーで過ごしていたダックス君が急に発作の様に倒れており、慌てて抱きかかえて獣医さんに起きて頂いて駆け込みました

高齢による心臓発作で、幸い持ち直してくれ、翌日予定を切り上げて吹っ飛んで帰って来た飼い主さんに無事にお返しする事が出来たと言う事件があり良く覚えていました。

もし店員さんが帰ってしまったら人が居ない様なホテルだったら、助からなかったかもしれません。

その子が亡くなったのです。
飼い主さんのお気持ちを思うと、何とか力になれないものかと思い、里親募集中の小型犬探しをお手伝いする事にしました。

そして数日探していると、那須でNPO法人を立ち上げて子犬子猫と廃用犬の里親会を定期的に行っている団体があるとの情報を頂き日曜日の大田原での里親会を見に行きました。

廃用犬と言う言い方は聞いたことがありませんでしたが、繁殖業者がいらなくなり手放した犬です。
よくリタイア犬と呼ばれているかと思います。

代表の方にご挨拶して色々伺うと毎週の様に10頭位出るそうです。

その子達は、用済みで処分を待っていた子なので食事は3日に1度しかもらえず酷く汚れて、痩せた状態で助け出されて来るそうです。

大体2~3才…
若いです。
1度に6頭子供が産めなかったり、商品にならなかったり、種オスとしていらなくなったりすると処分対象になり廃用犬になってしまうそうです

里親さんが決まって引き取られたとても可愛いボーダーコリーはまだ6ヶ月の男の子で片耳が立たなかったから廃用犬だったそうです。

ヨーキー、シーズー、ポメラニアン、ダックス、トイプードルで10頭位いました。

子犬達はどんどん里親が決まりましたが、廃用犬はボーダー君と私が預かって来たトイプードルだけしか決まりませんでした。

とにかく汚いし臭いし、長毛の子は特に顔が良く見えません

でももっと吠えたり落ち着かない子を想像していましたが、みんないい子でした。

近くに行くと寄って来て、手を舐めてくれました。

どうしてこんな子達が、廃用犬なんでしょう

今回は状態を説明した所、そんな不幸な子が居るなら是非引き取りたいけれど、日曜の午前中は仕事で里親会に間に合わないし、とても自分では可哀相で1頭を選べないので選んで欲しいと言う事なので、希望の犬種にあがっていたトイプードルを代理で引き取りました。

その子はまだ1才にも満たない男の子ですが、下の顎がかなりアンダーですので商品にならなかったのではないでしょうか?

毛玉だらけの時は解らなかったのですが、体型も胴が長くダックスが入っているかもしれません?
今流行っているダップーなんでしょうか?

連れ帰り会ってはもらったのですが、あまりの毛玉に汚れなので、洗うのだけではとても無理なのでウチで預かって毛を短く刈りましょうかと提案して預かりました。

それからBONEパパと、一緒に里親会に行ってくれた友人と3人掛かりで、3時間掛けて大きな毛玉を切り取れるだけ切り取ってシャンプーしました。

毛玉はすでにフェルト状態で厚みも3センチ程もあり、全身に付いているので身体中の皮膚がつれて、なかなか毛玉と皮膚の間にクシも通りません。
そのまま誤って毛玉を切ると皮膚ごと切ってしまうので注意が必要なのです。

毛玉の下の皮膚は引き攣れて赤くなり、かさぶたになり汚れとフケでガサガサでした。

きっととても痒くて、歩くのも毛玉に引っ張られて痛かったでしょう、可哀相に

耳や足は倍の大きさになり身体から毛玉が取れたら、ガリガリの小さな身体が出て来ました。

続く54]
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
先日はお電話ありがとうございました!
ジーンパパさん、ママさん こんばんは('-'*)

ボーダーコリー君に素敵な里親様が見つかるといいですよね

次回6月5日の那須塩原イオンでの里親会にきっと参加するんでしょうね。

ボーダーコリーという犬を良く知っている方に決まります様に

2011/05/31(Tue) 22:17 | URL  | BONEママ #-[ 編集]
こんばんは。
トリミングとても大変だった様子がよくわかりました。
大変ご苦労様でした。
昨日の話のボーダーコリーは返却されたそうですね。
何ともいいようがないですね。
それではまた連絡します。
2011/05/25(Wed) 01:58 | URL  | ジーンパパ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。