ドッグカフェを営みながら、放棄犬の一時預かりボランティアや個人での保護活動の日記、看板犬やお客様わんこちゃんとのふれあい日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜が咲き初めました!
2010年04月29日 (木) | 編集 |
こんばんわBONEママです^^

今日は午前中は曇ったり、雨が降ったり、そして午後から急に晴れたり、クルクルお天気の変わる一日でした。
雪がチラつかなくなって、近くの桜がやっと咲きはじめました

今日カフェは冬眠を終えて、再開致しました^^
またのんびりしにいらして下さいませ。
コーヒーの種類やケーキなど少しメニューも変わりました!

さてさて、やっと子猫をご紹介出来ます^^

子猫1
この子達です!
可愛いでしょ~?
ちょっと変わった毛色ですが・・・。

最初に見かけた時は、まだミルクを飲ませなくてはならない小さな子猫でした。
出会ったのは、宇都宮で仕事を終えて、後1日か2日したら那須に帰ろうという時でした。

その日は那須に帰る前に、犬達と宇都宮にある総合公園に行きました。。
7頭連れてぞろぞろ歩いていると、遠くから子猫の声がして来ました。

子猫2

使われていない鳥小屋に、まだやっと歩いている様な小さな子猫が3頭入っていました。
まだその頃は3月の中頃、「この寒いのに、あんな所に親も居ないで、なんで入っているんだろう?」と思いつつも鳥小屋の扉も閉まっているので、通過しました。
日暮れ頃になり帰りに通ると職員の方がいました。
写メで「可愛い~。」と子猫の写真を撮っていました。

相変わらず子猫は泣き叫び、必死に金網をよじ登ろうとしていました。
鳴き方が尋常ではなく、切羽詰っていたので、柵の外から見ていると、もうその声をユリが気になって仕方がなくなり、垣根をいきなり飛び越えようとしました。
もちろんリードが付いているので、ユリは垣根に乗りかかってしまいジタバタ、その物音に気付いた職員の方が話しかけて来ました。

">子猫3

聞けば前の日にグラウンドに3頭一緒に捨てられていたとの事。
2日後に保健所に出されるとの事でした。

食事は与えているのか聞くと、「お水をあげたけれど、飲まなかった」と・・・。
乳飲み子なのに、お水?
昨日の朝から今日のこの夕方まで、食事抜き?
「ミルクを飲ませないと保健所に出す前に死んでしまいますよ。」
「保健所に出したら処分になるかも知れないのは、知っていますか?」
と言ってみたら、「知っています。」と・・・。
「どなたか里親が決まるまで職員の方で面倒をみてくれる方はいないんですか?」と聞いてみましたが、「そこまでは誰も・・・。」との事でした。

子猫4

まだ雪が降るほど寒いのに、こんなに飢えて・・・。
本来なら数時間おきに授乳しなければならないのに子猫の体力も限界でしょう・・・。

必死に泣き叫んで金網にしがみ付く子猫を、可愛いと言ってのん気に写メを撮っているなんて。
明日には死んでしまっているかも知れないのに・・・。

もう夕方・・・。
「では今日もどなたも子猫を連れては帰らないんですね?」と聞いてみたけれど、「そうですね。」と言うので、「私が連れて帰りますので、何か箱は無いですか?」と言いました。
「1匹ですか?」と聞かれたので、「全部です。」と答えました。

子猫5

持って来て下さった、A4のコピー用紙の箱の中に3匹入れても、箱の半分の大きさに3頭が固まって入ってしまうほど小さい命です。
箱の中身が入っていないかと思うくらい軽い箱を持って、車に向いながら、色々な感情がグルグルしてしまいました。
もちろん捨てる人が悪いんだと思います。
離乳もしていない子猫を捨てたら、なかなか生き残れない訳ですから・・・。

抱えてそのまま閉店前のお店に駆け込んで、ほ乳瓶と子猫用のミルクを買って、店員さんに事情を話してお湯を用意して頂き、その場で急いでミルクを飲ませました。

もちろん私だって困るのですが、そのまま置いて来れませんでした。
そして予定を変更して、その日のうちに那須に帰って来ました。

2頭しか育ちませんでした。
茶色の子も危なかったのですが、今では元気一杯です^^
この子達に素敵な里親様が現れますように・・・。
願って止まないBONEママなのでした。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。