ドッグカフェを営みながら、放棄犬の一時預かりボランティアや個人での保護活動の日記、看板犬やお客様わんこちゃんとのふれあい日記です。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春の珍客?
2012年05月28日 (月) | 編集 |



こんばんわ!
BONEママです
(^∀^)ノ


すっかり山は緑になりました。
うちのアニマルズはみんな元気です!

さて今回の珍客とは?

先日仕事をしていると、お客様が窓を開けたら鳥が入って来てしまって怖いから何とかして下さいと頼みにいらっしゃいました。
どうやらツバメの様だとの事でしたので、ツバメの様に早い鳥が捕まる訳無いかもと思いつつも、とりあえず虫取り網を持って伺うと、開けてくれている窓に気づかずにツバメがグルグル飛び回っていました。

ケガをさせないで逃がそうと窓を開けて誘導するのですが、パニックになって飛び回っているので、とにかくケガをさてはいけないとソロソロ近づいて行くと、たまたま近くの窓ガラスにそってパタパタと降りて来たので、網をそ~っとかぶせて保護しました。

そのまま玄関前まで連れて行って明るい所で見ると、とても可愛いツバメでした。
ツバメは黒っぽいイメージでしたが、本当はメタリックな紺色だったのですね。
可愛かったので写真を撮ってそのまま離すと、空高く舞い上がりターンしながら飛んで行きました。
良かった良かった!!!

野鳥は結構パニックになって窓ガラスに当たって、脳震盪になるか悪くすると首を折って死んでしまう事もありますので、脅かさない様にドキドキでしたが、無事に逃がしてあげられました。

そういえば昔から拾ったり、保護した生き物を持ち込まれる事の多かった私は、今までにヒヨドリ ムクドリ
カルガモ 土鳩 スズメなどの野鳥の雛を育てた事があります。

みんなとても良くなつき徐々に自然に帰って行きましたが、カルガモは刷り込み後の子達だった様で、最後まで慣れてはくれず、育ててくれれば引き取りますという野鳥保護センターに引き渡すまでの間、毎日餌をあげようとするたびに逃げ回られていました。
その子達は雨の日に自転車置き場で濡れて立ち尽くしていて、半日親鳥を待ったそうですが、迎えに来ず、野鳥保護センターに聞いた所、多く生まれ過ぎるとおいて行かれてしまう事があるので、もう親鳥は戻らないでしょうと言われ、27gで2羽保護されて、約800gになるまで私が育てました。

1番慣れたのがなんと土鳩、まだ千葉に住んでいて東京に通っていた頃、通勤中に鳩を追放しようとしている駅のホームに落ちていた羽の全然生えていない雛を大人まで育てました。
離しても半年位は家を離れず、電線にとまっていても名前を呼ぶと腕に降りて来たものでした。
今は亡き黒ラブのノーティーの散歩に行くとずっとついて来て腕や肩に乗って来て、可愛いのですが、土鳩なので道行く人に変な目で見られて恥ずかしかったのを覚えています。
半年後位に彼女が出来て巣立って行きました。

最近は猫が居るので鳥さんとは暮らせませんが、私は鳥も実は大好きです。
オウムとか大型インコと一緒に暮らしてみたかったです。
昔はオカメインコを2羽飼っていました

まぁ今の生活では無理ですが・・・。

今回はちょっと可愛い春の珍客の巻でした~!

スポンサーサイト
ニック手術終わりました!
2012年05月23日 (水) | 編集 |





こんばんわ!
BONEママです。


気持ちの良い季節になりました。
那須の新緑も少し濃い色になって来ました。
山ツツジや八幡のツツジが見ごろになっています。

BONE家では22日に以前お知らせしていた骨折ニック君のプレートを取る手術の為病院に行って来ました。
一泊お預けして迎えに行きました。

前回は一週間入院していたので、傷は大分くっついていたのですが、今回は傷口からまだ鮮血ではないですが、ポタポタしながら帰って来ました。

先生の説明によるとニック君の成長が早く、骨の勢いもあった為プレートは骨の中に埋没してしまっていたとの事で、出ていたビスだけ少し抜いてそのままにすると言う判断になったそうです。

またこの状態なら骨も問題なく伸びているそうですので、大丈夫との事でした。
足の長さが違ってしまうと言う状況は避けられた様ですので一安心です。

ニック君せっかく全身麻酔をしたので去勢も一緒にして頂き元気に帰って来ました。
骨はしっかりくっついているので、ニックは傷など気にもせずビョインビョイン跳ねてしまうので、見ている私の方が心配になってしまいます。

足と睾丸があった所はまだ腫れていますが、半年もしたら何も分からなくなるそうです。
とりあえず良かったです。

舐めない様に、エリザベスカラーやマウスガードをしながらの生活ですが、抜糸が済めばまた兄弟と一緒に過ごせます。
ニック君もう少しの辛抱ですね。

病院では寂しくて騒いでいたそうで、帰って来た日は寝室に連れて行くなり、ベット横に置いた長座布団にゴロンと転がり、ため息と共に爆睡でした。
いびきをかいてグーグー寝ていて、足のガーゼを取り替えてもそのまま寝ていた位でした。
ニック君お疲れ様でした。

早く良くなって傷がふさがります様に!
治ったらまたドックランに行こうね~!
金環日食でしたね
2012年05月21日 (月) | 編集 |





こんばんは(^-^*)/
BONEママです

今朝は金環日食でしたね
観察用のメガネは買えなかったので、朝の木漏れ日で見てみました!

ピークの時間に外を見てみると、晴れているのに夕方の様な明るさで不思議な感じでした

木漏れ日の写真撮ってみました!

後の写真は少し前に、ユリと紫苑を車に乗せて仕事をしていたら、最近イタズラをしなくなっていたユリがヒマだったのか?
突然イタズラしてまして、シートカバーを破りケータイの充電器をちぎり、リードも軽く切ってあったので、私の怒りをかって口輪をされたボルゾイのユリの写真です

本人はあらやだ~
私はそんな事やってませんことよ~
勝手に破れたんですの
まぁ怒っちゃって怖いわ~
みたいな顔で見ておりました

裏側がビニールの犬用シートカバー丈夫だったのでまさか破ると思っていなかったので驚いちゃった

BONEママなのでした
車酔い克服練習中~
2012年05月20日 (日) | 編集 |





こんにちは
BONEママです


那須は新緑の季節です
ツツジも那須街道を山に向かって咲き上がって来ています。
うちの周りでも咲き始めました!
八幡のツツジは来週頃が見頃でしょうか?
今はまだ大きなつぼみの状態です。

さてさて最近はドックランまでは車酔いせずに出掛けられるようになった子犬達。
1頭ずつ買い物の際に町まで同伴して、車酔い克服練習中です。
ニックは病院通いでとっくにクリアしています。

先日はサンディ、行きに吐いて帰りは大丈夫でした。
次はタクト、行きは頑張ったけど帰りに吐きました。

ランスはヨダレはダラダラでしたが、吐かずに往復出来ました!

ジャスミンは行きに那須街道下っているうちに吐いてしまいましたが、帰りには落ち着いて乗って来れました。
ホームセンターのカートにもニックと大人しく乗れました

町までは20キロ近くありますし、ついでに山道です。
可哀相ですが、車に慣れてくれないと今後が大変です。
うちに居ても里親様の所に行っても車に乗る機会が多いでしょうから今のうちから練習です。

もっと頻繁に乗せたいのですが、何頭も乗せてみんなで酔うと困るので、1頭づつ地道に練習させています。
兄弟と離れて1頭で寝るのも私が一緒の部屋なら静かに良い子で寝れる様になりました。

後は座れと伏せを教えている所です。
体が大きいので、少しでもしつけを入れようと頑張っています。

そういえば骨折して手術をしたニック君ですが、22日に今度はプレートを抜く手術を受ける予定になっています。

これで骨の成長が出来る様になるので、足の長さが変わる事無く成長してくれると言いのですが、心配です。

手術の結果はまた後日ご報告いたしますね!
体は大きいけどまだまだ甘えっこの可愛い子犬達、引き続き里親様募集しております。
よろしくお願い致します。

新緑の季節です!
2012年05月09日 (水) | 編集 |





こんにちはBONEママです
(^∀^)ノ


那須にも新緑の季節がやってまいりました。
若葉の色は本当に良い物ですね
冬の長い那須にとっては、待ちに待った季節です

先週は雷雨でヒョウが降ったり、雷で停電したりでしたが、皆さんは大丈夫でしたでしょうか?
こちらは停電が3時間以上続き、仕事中でしたが困りました。
夏にはたまに落雷で停電もありますが、こんなに長いのもこんなに早い時期なのも珍しい事です。

さて最近のBONE家はと言うと、嬉しい出来事がありました。
いつもお店に来て下さっていたタンクパパさんとママさんが卒業犬の凛ちゃんとGW那須滞在中に訪ねて下さって、( 残念な事に私達は仕事に行っていてお会い出来なかったのですが )子犬達にとペットシートやおやつを届けて下さいました

いつもと同じように仕事から帰って来ると玄関前にお手紙と犬達への応援の品があり、驚いたと共に応援して下さる方がいる嬉しさで、とても暖かい気持ちになりました。
応援して頂いて本当に有難うございます。
大切に使わせて頂きます。
m(_ _)m
早速おやつをもらってみんなご機嫌でした。
子犬達はアバラ骨のおやつは初体験でしたので、前足で押さえて一生懸命噛んでいました。
ありがとうございました
(^人^)

いつも元気なBONEママと良く言われる私ではございますが、個人的に保護などをしていると、だんだん疲労が溜まって来た時などちょっと限界を感じて気持ちが落ちて来る時もあります。
今までに里親様に送り出せたりレスキューしたり迷子で飼い主を捜したりして関わった犬や猫は那須に来てから25頭位、たいした数ではありません。
しかし不幸な犬猫は後を絶たず、処分の子も栃木は本当に多くいます。

けれども もともと極貧のBONE家ですから時間的にも費用的にもたいした事は出来ません。

そんな時何だか、ちょっと凹んだ気持ちになるのです。

またあんまりに大変な保護犬をかかえた時など、夜中ずっと泣き喚いたり、これでもかと粗相しまくりだったり破壊したりするので、「も~うこの子が良い子になって里親様決まったら保護活動はしないぞ~!!!もう個人で何頭もは無理じゃ~!!!」と思ったりもします(笑)

まあそれでもまた落ちていたり見つけちゃったりすると保護しちゃうんですが…。
うちの場合手を引っ込めたら、死んでしまうか保健所に入ってしまう、あるいは処分日が決まっている様な子ばかりなので、どっちにしても生きられないと思うと、つい無理しちゃいます。

でも時々幸せになった犬達や猫達のお知らせが届いたり、応援してくれる方がいたりすると、やっぱり良かったなぁと思います。

もともとは引き取る人が少なく、保護も受け入れ先が少ない大型犬を1頭ずつでも助けてあげたいと思ったのが始まりですから、小型犬とは比べ物にならないほど大変に決まっているのです。
もちろん小型犬も何頭もレスキューしていますが、何をやらかしても可愛いものです。

幸い山奥に住んでいるので、何とかなっている感じでしょうか?
しかし震災後お店を休業させて頂いて、お勤めしている今はかなりヘビーなスケジュールに追われています。
仕事前と帰ってから、だいたいアニマルズのお世話にそれぞれ2時間~3時間は掛かります。

それは仕方ないので良いのですが、震災後私達のライフスタイルが変わった事で、可哀想なのは分離不安の保健所レスキュー犬グレイスです。
震災前は毎日人が居たので良かったのですが、今は苦手な留守番をしなくてはならなくなっています。

どなたかいつも家に居るご家庭に引き取られれば
、それだけで幸せな犬なのですが、人が居ないのがグレイスにはとても辛いと思います。

日替わりで大型犬と紫苑を車に乗せて私が会社に連れて行っていますが、毎日グレイスばかりと言う訳にもいきません。

またこれからは高原と言っても暑くなって来るので連れて行けなくなります。

大分良い子になったグレイスの里親様、または日中も人が居るご家庭で預かりボランティアをしてもらえる方がいらしたら、ご連絡下さいませ。
よろしくお願い致します。

これからも本当に微力ですが頑張ります!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。